新宿区御苑前駅より徒歩5分。東京離婚相談室は親権問題、不倫慰謝料、養育費未払い問題などの離婚に強い弁護士です。

サイトマップ

費用について

弁護士費用

弁護士費用は、ご依頼内容によって異なります。都度ご相談を承ります。
また、分割払いについても承っておりますので、お気軽にご相談頂けると幸いです。
※土日や祝日の相談のご予約を承ります。
予約専用ダイヤル:0120-182-110

お電話でのご予約を承ります。

受付時間:年中無休 ※土日祝も承ります 月〜金 9:00〜22:00 土日祝 9:00〜19:00

平日 8:00〜11:00
平日11:00〜17:00

60分19,000円(税込)
60分 9,000円(税込)

平日17:00〜22:00
土日祝日

60分19,000円(税込)
60分29,000円(税込)

※60分以上のご相談は、延長30分につき3,000円(税込)

TEL:03-5362-7013
Mail:info@tdl-f.jp

ご相談予約フォーム

料金の目安

・下記料金は、旧東京弁護士会報酬会規に概ね沿った適正な金額であり、下記に掲載されていないご依頼等に関する弁護士費用
については、同報酬会規を準用することとします。離婚事件等の一部、料金の幅のあるものに関しては、受任時において事案の
軽重を考慮し、ご相談の上決定いたします。
・下記料金には、収入印紙代や通信費等の実費分は含まれておりません。
・下記料金には、別途、消費税がかかります。
・下記料金体系以外にもお客様のご事情に応じて、お得な月単位の顧問契約等を用意しており、また、
分割でのお支払いについても月々金2万円からご相談に応じております。

1 法律相談

各種法律相談 料金(1時間あたり)
早朝特別法律相談 平日8時〜11時 17,593円
デイタイム割引法律相談 平日11時〜17時 8,334円
夜間法律相談 平日17時〜22時 17,593円
土日祝日特別法律相談 土日祝日10時〜20時 26,852円
法律相談時間延長(30分毎) 時間帯不問 2,778円
再度のお申し込み(2回まで) 時間帯不問 36,112円

※当日のお申し込みも調整可能です。電話でのご相談はご遠慮願います。

2 離婚事件

事件の内容 着手金 報酬金
離婚調停、離婚仲裁センター事件又は離婚交渉事件 30万円〜50万円 30万円〜50万円
離婚訴訟事件 40万円〜60万円 40万円〜60万円
タイムチャージ制(時間ないし月額制) 応相談 応相談
同一事件につき引き続き上訴事件を受任する場合、適正な金額で減額を行ないます。
離婚交渉事件から引き続き離婚調停事件又は離婚仲裁センター事件を受任する場合、上記離婚調停事件の着手金の額の
2分の1を加算します。
離婚調停事件から引き続き離婚訴訟事件を受任する場合、上記離婚訴訟事件の着手金の額の2分の1を加算します。
離婚に財産分与や慰謝料等の財産給付を伴う場合、3(一般民事事件)における財産給付の基準により算定された着手金及び
報酬金を加算します。

3 不倫やセクハラ等の一般民事事件

経済的利益の額 着手金 報酬金
金3百万円以下の部分 8% 16%
金3百万円を超え3千万円以下の部分 5% 10%
金3千万円を超え3億円以下の部分 3% 6%
金3億円を超える部分 2% 4%

※上記料金は、事件の内容により、30%の範囲内で増減額する場合があります。
※同一事件につき引き続き上訴事件を受任する場合、適正な金額で減額を行ないます。
※着手金の最低額は、10万円となります。但し、簡易裁判所管轄の事件については10万円未満とします。
※経済的利益が算出不可能な場合、旧東京弁護士会報酬会規に準じて、800万円とみなします。

事例(1) 夫の不倫により相手女性に対し500万円の慰謝料を請求する場合

【経済的利益は500万円】
着手金は、3,000,000×8%+2,000,000×5%=340,000円
報酬金は、3,000,000×16%+2,000,000×10%=680,000円

事例(2) 財産分与として相手配偶者から1,000万円を請求され、300万円に減額する場合

【経済的利益は700万円】
着手金は、3,000,000×8%+4,000,000×5%=440,000円
報酬金は、3,000,000×16%+4,000,000×10%=880,000円

4 法律関係(事実関係)調査

内訳 手数料
原則 5万円〜10万円
特に複雑又は特殊な事情がある場合 応相談

※弁護士会の照会制度等を活用し、対象者の身分や住所、財産関係等を調査します。

5 内容証明郵便作成

内訳 手数料
基本 6万円
特に複雑又は特殊な事情がある場合 応相談

6 離婚協議書や和解書の作成

経済的利益の額 手数料
金3百万円以下の部分 10万円
金3百万円を超え3千万円以下の部分 1%
金3千万円を超え3億円以下の部分 0.3%
金3億円を超える部分 0.1%

※特に複雑又は特殊な事情がある場合、相談によって手数料を決定します。
※公正証書にする場合、3万円を加算します。

7 出頭(出廷)日当

手続の内容 日当
調停事件及び仲裁センター事件 1万5千円〜3万円
訴訟事件 2万円〜5万円

※概算によりあらかじめ日当をお預かりする場合があります。

8 出張日当

所要時間 日当
半日(往復2時間を超え4時間まで) 3万円〜5万円
終日(往復4時間を超える場合) 5万円〜10万円

※概算によりあらかじめ日当をお預かりする場合があります。

  • 男女問題緊急相談室
  • 事務所案内
  • 事務所概要
  • アクセスマップ
  • 個人情報保護方針
  • 代表ごあいさつ
  • 弁護士紹介
  • 利婚のススメ
  • お客様の声
  • 費用について
  • 事例紹介
  • 男性の離婚相談
  • 離婚の種類
  • 財産分与
  • 親権・面接交渉・養育費
  • 離婚協議書の作成
  • 女性の離婚相談
  • 離婚費用分担金
  • 年金分割
  • 離婚後の戸籍・氏
  • 離婚後の公的扶助
  • 不倫・浮気
  • 慰謝料相場
  • 離婚・訴訟の進め方
  • その他男女問題一般
  • 国際離婚
  • ドメスティック・バイオレンス
  • セクシャル・ハラスメント
  • ストーカー&痴漢
  • 関連リンク集・諸手続
  • ご相談予約受付中
  • 弁護士の東京離婚相談室
  • 受付時間は年中無休/土日祝の急なご相談も対応可能です
  • 0120-182-110/港区虎ノ門1-17-7山地ビル2F
  • フォームからのお問い合わせ
  • 離婚弁護士ブログ解説